学術委員会

委員長ご挨拶

この度、委員長を仰せつかり大変光栄に存じております。学術に裏付けされた教育を行うことが理事長から求められた内容であろうかと私自身は理解しております。このためには一つ一つエビデンスを積み重ね、その事実を皆に教育できれば理想的であろうと考えます。

しかしながら、エビデンスレベルの高いものを独自に出していくことは、なかなかハードルが高すぎ私の能力を超えております。いまある事実をもう一度再確認し、それを形にすることを目標にしたいと考えます。ただ、いまある事実とはいえ、専門性の高い分野でのエビデンスの取捨選択、それをわかりやすく教えることに関しましては、委員皆様のご協力なくしては成り立ちません。

この点で理事長に大変にご配慮いただき、幅広く多くの委員の先生方にご協力いただくことになりました。委員の方々には大変ご負担かとは存じますが、皆様のあふれんばかりの能力の極一部でもお貸しいただければ、前進できるのではないかと委員の先生方のお名前を拝見し心強く感じている次第です。よろしくお願いいたします。

委員会

委員長和田 孝次郎
委員今村 浩、大栗 隆行、垣花 泰之、川嶌 眞之、小島 泰史、芝山 正治、堂本 英治、灘吉 進也、丹羽 康江、野原 敦、藤田 智、別府 高明、三浦 邦久、望月 徹、森本 裕二