COVID-19への対応について

「withコロナ」下での潜水再開に向けての準備

4月3日に「潜水に関わる方々へのお願い」を公表しました。その後4月7日に国から緊急事態宣言が発令され、現在新規感染者数は減ってきています。緊急事態宣言も5月25日に全面的に解除されました。
今後は「withコロナ」下での経済活動が模索されていますが、潜水事業再開に向けて潜水事業者が留意すべきと考える点について、国際情報委員会小島委員長を中心に、国際情報委員会、潜水障害対策委員会、理事会での議論を踏まえて取り纏めました。
潜水事業者の皆様にはご確認いただき、慎重な対応をお願いいたします。 状況は刻々と変化しており、当提言についても適宜更新する予定です。

2020年5月28日

日本高圧環境・潜水医学会
代表理事 柳下 和慶
国際情報委員会委員長 小島 泰史

潜水に関わる方々へのお願い

日本でも、新型コロナウイルス感染症患者数が日に日に増加しています。
感染流行時の潜水活動について、国際情報委員会小島委員長を中心に、減圧障害対策委員会、理事会での議論を踏まえて、潜水に関わる方々へのお願いを取り纏めました。ダイバー、潜水事業者の皆様にはご確認いただき、慎重な対応をお願い致します。
状況は刻々と変化しており、今回のお願いについても適宜更新する予定です

2020年4月3日
日本高気圧環境・潜水医学会
代表理事 柳下 和慶
国際情報委員会委員長 小島 泰史

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対応について

日本高気圧環境・潜水医学会 会員各位

皆様、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応で、大変苦慮されていることと思います。
教育委員会高木委員長を中心として、教育委員会、高気圧酸素治療安全協会、理事会での議論を踏まえて、「新型コロナウイルスを蔓延させない高気圧酸素治療方法について」、「新型コロナウイルスの消毒方法について」を取り纏めましたので、ご確認ください。
状況は刻々と変化しており、当指針についても適宜更新する予定です。

2020年3月20日
日本高気圧環境・潜水医学会
代表理事 柳下 和慶
教育委員会委員長 高木 元

COVID-19の感染拡大に伴う関連情報