高気圧酸素治療技術部会

高気圧酸素治療技術部会とは

高気圧酸素治療技術部会(以下、技術部会)は、主に高気圧酸素治療装置の操作を担当する医療技術者が参集し、高気圧酸素治療における看護・管理・治療技術の進歩を図り、高気圧酸素治療の発展に寄与することを目的として平成18年12月に設立された。

 日本高気圧環境・潜水医学会設立当初から多くの医療技術者が会員として入会しており、過去にも何回か医療技術者が中心となって活動した歴史がある。平成10年頃より医療技術者自らが、知識・技術の向上を求めて北海道や九州など地域単位での勉強会を立ち上げ、継続的活動を始めた。次第に学会の中に医療技術者のための機関を求める声が大きくなり、全国の主だった医療技術者が集まり、山本理事(当時地方会等検討委員会委員長)の支援のもと技術部会設立活動を開始した。平成18年、ようやく医療技術者のための機関である技術部会が理事会、評議員会で承認された。設立から9年が経過し、現在第4期の役員によって運営され始めた所である。
 技術部会では、役員として常任幹事、幹事を置き、一都道府県に一人以上の役員選出を目指して技術部会活動の充実を図っている。HBO設置施設における医療技術者の知識・技術の向上のための勉強会開催・支援、学会入会の奨励、地方会運営支援や新規地方会開設支援活動も行っている。間もなく本格的活動を開始する近畿地方会開設の一助となったことは誇りである。
技術部会には「試験委員会」、「学術委員会」、「会則・施行細則・その他運用規程策定委員会」、「ホームページ・広報委員会」、「医療機器安全管理及び事故対策調査委員会」の5委員会があり、常任幹事が各委員会の委員長に就任して担当業務にあたっている。これまで技術部会では国内のすべての装置設置施設を対象とした各種アンケート調査を企画・実施した経験がある。現在「学会‐委員会」と「技術部会-委員会」が連携を深めつつ活動を重ねており、技術部会の各種調査活動の結果・情報が学会業務により良く反映し活用されることを期待している。