高気圧酸素治療安全セミナー

目的

高気圧酸素治療の診療報酬改定等に伴い、今後国内にて発展的かつ積極的に高気圧酸素治療が実施されることが見込まれる。高気圧酸素治療では安全性の確保が最重要事項であり、高気圧酸素治療装置を管理や操作する者は、「安全を確保するための研修」の実施が義務付けられています。

今回、日本高気圧環境・潜水医学会と日本臨床高気圧酸素・潜水医学会では、共催にて「高気圧酸素治療安全セミナー」を開催することとし、本セミナーを「安全を確保するための研修」の一つとして位置付け、高気圧酸素治療実施の安全性確保に寄与することを目的に開催致します。なお受講者には、「安全を確保するための研修」の受講証明として、「高気圧酸素治療安全セミナー受講証」を発行致します。

対象者

・高気圧酸素治療を管理、操作する医師、臨床工学技士、看護師、准看護師
・上記のなかで、特に高気圧酸素治療の「安全を確保するための研修」を要する者
・高気圧酸素治療に関連する業者、病院関連職種、医療従事者、高気圧酸素医学・潜水医学研究者など

開催要項

高気圧酸素治療安全セミナー2018年12月1日開催NEW

会期12月1日(土) 15:00~17:00
会場旭川大雪クリスタルホール(第1会場)
併設開催【第53回】日本高気圧環境・潜水医学会学術総会
日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位2単位
受講料併設開催のため学会参加費に含まれます
講義内容「装置の保守点検、医療機器の管理・安全な治療」
小森 恵子(東海大学医学部付属病院)
「圧外傷と酸素中毒」
和田孝次郎(防衛医科大学校 脳神経外科)
「適応疾患」
柳下 和慶(東京医科歯科大学 スポーツ医歯学センター 東京医科歯科大学医学部附属病院高気圧治療部)
受講証申込み(資料代込)受講証をご希望の方は、下記の申込書wordにご入力のうえ、メールに添付してお申込みください。
受講証発行代は当日受付でのお支払い、お渡しは講義終了後となります。
受講証事前申込書(word)
提出先メールアドレス:kingou.hbo7@tmd.ac.jp
「受講証」事前申込み受付締め切り日2018年11月21日(水)(※受講証は当日でも受付ており、後日発送となります。)
受講証発行費(受講証希望者)2,000円
お申込み・問合わせメールアドレス(※高気圧酸素治療安全セミナーの担当は【事務局】です。)
kingou.hbo7@tmd.ac.jp

高気圧酸素治療安全セミナー2019年7月5日もしくは6日開催NEW

会期2019年7月5日(金)もしくは6日(土)
会場イイヅカコスモスコモン(飯塚市)
併設開催【第20回】九州高気圧環境医学会
日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位2単位
受講料併設開催のため学会参加費に含まれます
講義内容後日掲載
受講証申込み(資料代込)後日お申込みを開始いたします。
「受講証」事前申込み受付締め切り日
受講証発行費(受講証希望者)2,000円
お申込み・問合わせメールアドレス(※高気圧酸素治療安全セミナーの担当は【事務局】です。)
kingou.hbo7@tmd.ac.jp

過去の安全セミナー

◇高気圧酸素治療安全セミナー2018年9月16日開催

会期2018年9月16日(日)
会場札幌市産業振興センター
併設開催第12回日本高気圧環境・潜水医学会 北海道地方会
開始時間(コース)14時~16時(2時間コース)
日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位2単位
受講料併設開催のため学会参加費に含まれます
講義内容「HBOの適応疾患」
函館新都市病院 浅井康文 先生(14~15時)
「事故例を含む安全な治療/治療管理・緊急時対応」
札幌東徳洲会病院 瀧 健治 先生(15~16時)
問合わせメールアドレスkingou.hbo7@tmd.ac.jp

◇高気圧酸素治療安全セミナー2018年7月7日開催

会期2018年7月7日(土)
会場鈴鹿医療科学大学 千代崎キャンパス
併設開催第3回日本高気圧環境・潜水医学会 近畿地方会
講義内容○装置の保守点検、ME機器管理
○安全な治療(事故事例を含む)
○治療管理・緊急時対応
○適応疾患
コース2時間コース
日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位2単位

◇高気圧酸素治療安全セミナー2018年6月30日開催

会期2018年6月30日(土)
会場沖縄県男女共同参画センターてぃるる(沖縄県那覇市西3丁目11−1)
併設開催第19回九州高気圧環境医学会
コース2時間コース
講義内容○治療管理・緊急時対応
○気圧障害・酸素中毒
○装置の保守点検、ME機器管理
○安全な治療(事故例含む)
日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位2単位

◇高気圧酸素治療安全セミナー2018年6月16日開催

会期2018年6月16日(土)
会場TKPガーデンシティお茶の水カンファレンスルーム3B+C(東京)
併設開催第15回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会
コース2時間コース
講義内容【安全セミナー1】
1.高気圧酸素治療における装置規格と業務指針
(亀田総合病院ME室 髙倉照彦)
2.HBOT装置オペレッタ養成の問題点
(九州保健福祉大学 保健科学部臨床工学科 右田 平八)
3.第1種高気圧酸素治療装置の安全保守管理について
(今給黎総合病院臨床工学部 齋藤 謙一)
4.高気圧酸素治療における医療用医薬品(貼付剤・軟膏)の持ち込みについて
(戸畑共立病院臨床工学科 灘吉進也)

【安全セミナー2】
1.保険上の適応疾患
(防衛医科大学校 四ノ宮成祥)
2.酸素中毒・気圧障害
(防衛医科大学校 和田孝次郎)
3.急変時対応
(防衛医科大学校 吉村有矢)

日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位2単位

◇高気圧酸素治療安全セミナー2018年6月9日開催

会期2018年6月9日(土)
会場筑波大学医学エリア 医学図書館3階 臨床講義室C
コース2時間コース:午前1時間、午後1時間の組み合わせとなる見込みです
講義内容【安全セミナー1(技術部会シンポジウム)】
~事故から振り返る高気圧酸素治療の安全管理~
「高気圧酸素治療過去の事故報告から学ぶ安全管理について」
 亀田総合病院 廣谷暢子
「1種施行時(酸素加圧)における安全管理」
 東京医科大学八王子医療センター 梅田太一朗
「第二種高気圧酸素治療装置における高気圧酸素治療の安全管理」
 東京都保健医療公社 荏原病院 臨床工学部門 折原和広
「専門医よりの安全管理について」
 日本医科大学付属病院 桐木園子

【安全セミナー2】
「酸素中毒と気圧外傷」と「適応疾患」
 東京医科歯科大学医学部附属病院高気圧治療部 部長 柳下 和慶

日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位2単位

◇高気圧酸素治療安全セミナー2018年5月20日開催

会期2018年5月20日(日)9時~12時(受付8時30分~)
会場東京医科歯科大学 3号館7階 講義室5
コース3時間コース
講義内容・適応疾患
・治療管理・緊急時対応
・気圧障害・酸素中毒
・装置の保守点検、ME機器管理
・安全な治療(事故例含む)
日本高気圧環境・潜水医学会生涯教育単位4単位
今後の安全セミナー予定(詳細は決定し次第HPに掲載します。)
  • 2018年11月30日・12月1日開催
    (併設開催【第53回】日本高気圧環境・潜水医学会学術総会)
  • 2019年7月5日・6日開催
    (併設開催【第20回】九州高気圧環境医学会)