九州高気圧環境医学会

【第19回九州高気圧環境医学会の開催にあたって】

このたび平成30年6月30日(土)に沖縄県那覇市にて第19回九州高気圧環境医学会を開催させていただくことになりました。歴代の会長が高名な大学教室や大病院の責任者であったのに対し、小生のような救急医の末端にこのような名誉を賜りましたことを篤く御礼申し上げます。

ご承知の通り平成29年11月には第52回 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会が、当地沖縄で琉球大学の合志先生のご尽力により盛大に執り行われました。あれからまだ半年が過ぎようかという頃に場所を同じくして地方会を開催するにあたり、どのような企画をしたらよいのかと、ない知恵を絞って考えました。
そのうちの一つが地域性です。沖縄といえばダイビングスポットとして有名ですが、ダイビングの現場での酸素活用のトライアルがおこなわれ、レジャーダイビングにおけるエンリッチドガスの使用が海外のリゾートに追いつくべく導入され始めています。現場で起こっている問題点を忌憚なく医療関係者のみでなく多くの方々から情報発信を頂きたいと思います。

二つ目は肩肘を張らずに「学会デビュー」を果たせる場にしたいと言うことです。どうか、遠慮することなく若い発表者の演題応募をお待ちしています。
会期の沖縄は梅雨も明け、若夏から真南風(まばえ)の絶好の季節です。ノーネクタイはもちろん、ぜひ「かりゆしウェア」での参加をお待ちしております。

最後になりますが、本年1月4日、当学会の大変な功労者でありましたNPO法人MESHサポートの代表理事、小濱正博先生がご逝去されました。謹んで哀悼の意を表します。小濱先生には本学会での特別講演をお願いする予定でした。「なに?演者が見つからん?おう、ほなオレやったるよ!」と例の関西弁で引き受けて下さったことが忘れられません。小濱先生も天国から見守っていて下さると思います。是非盛会になるよう祈念いたします。会員各位のご協力をお願い申し上げます。

会長 清水 徹郎
医療法人沖縄徳洲会 南部徳洲会病院 高気圧治療部・救急診療部長

第19回九州高気圧環境医学会 開催要項終了

会期2018年6月30日(土)9:00~
会場沖縄県男女共同参画センターてぃるる(沖縄県那覇市西3丁目11−1)
会長清水 徹郎
(医療法人沖縄徳洲会 南部徳洲会病院 高気圧治療部・救急診療部長)
大会テーマ「今必要とされる高気圧酸素治療」
大会HPhttps://kshm19.nantoku.org
事務局南部徳洲会病院高気圧治療部
メール:kshm19@nantoku.org

「当学会認定生涯教育取得可能」単位について

当学会認定生涯教育取得可能 単位:「4単位」

上記の学会に参加された場合、専門医・専門技師更新時に必要な当学会認定生涯教育単位の取得が可能です。
学術総会・地方会・講習会・学会が別に定める学術集会で取得できる生涯教育単位の単位数や種別については、下記の各規則の別表をご参照ください。

各規則

定款、学術総会参加時の生涯教育単位の一部改正について(2018.01)
重要更新時には参加証写し等をご提出していただきますので各自保管してください。

過去の開催情報

第18回2017年7月1日(土)宮崎観光ホテル(宮崎県宮崎市松山」1-1-1)
落合 秀信(宮崎大学医学部病態解析医学講座救急・災害医学分野 教授)(→大会URL
第17回2016年3月12日(土)佐賀市 アバンセ
中城 博見(JCHO伊万里松浦病院院長)