学術総会

【第52回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会】※終了しました

会期2017年11月10日(土)・11月11日(日)
会場琉球大学医学部 臨床講義棟・基礎講義実習棟
会長合志 清隆
琉球大学医学部附属病院高気圧治療部 部長
大会HPhttp://www.jshum52.okinawa/
会議・委員会理事会:11月10日(金)午後 てんぶす那覇2階会議室
社員総会:11月10日(金)午後 てんぶす那覇4階会議室
各種委員会:11月11日(土)・12日(日)学会会場
学会事務局琉球大学医学部附属病院 高気圧治療部
〒903-0215沖縄県中頭郡西原町字上原207
運営事務局株式会社 アカネクリエーションMICE推進部
〒900-0004沖縄県那覇市銘苅1-19-29
E mail:jshum52@akane-ad.co.jp

【第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会】

会期2018年11月30日(金)・12月1日(土)
会場旭川大雪クリスタルホール(〒070-8003 北海道旭川市神楽3条7丁目1)
会長藤田 智
旭川医科大学救急医学講座 教授
大会HP
演題募集期間
会議・委員会
学会事務局旭川医科大学 救急医学講座
〒078-8510旭川市緑が丘東2条1丁目1-1
E mail:53jshum@asahikawa-med.ac.jp
運営事務局株式会社シーエーブイ
〒003-0004札幌市白石区東札幌4条1丁目2-20安全ビル5階
E mail:53jshum@kcav.co.jp

上記の学会に参加された場合、専門医・専門技師更新時に必要な当学会認定生涯教育単位の取得が可能です。
学術総会・地方会・講習会・学会が別に定める学術集会で取得できる生涯教育単位の単位数や種別については、各規則の別表をご参照ください。更新時には参加証写し等をご提出していただきますので各自保管してください。

高気圧医学専門医制度規則(2016年12月20日改正)
高気圧酸素治療専門技師制度規則(2015年12月1日改正)

(大会HPは大会回数に掲載しております)

大会回数開催日テーマ場所会長
第52回2017年11月11日(土)・12日(日)琉球大学医学部 臨床講義棟・基礎講義実習棟合志清隆
(琉球大学医学部附属病院高気圧治療部)
第51回2016年12月3日(土)・4(日)歴史の継承と新たな挑戦学校法人日本医科大学教育棟/同窓会橘桜会館宮本 正章
(日本医科大学付属病院循環器内科 教授/ 高気圧酸素治療室 室長)
第50回2015年11月13日(金)・14(土)次の半世紀への門出を祝って群馬県前橋市 アニバーサリーコート ラシーネ齋藤 繁
(群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学分野 教授)
第49回2014年11月7日(金)・8日(土)重症疾患に対する高気圧酸素療法の役割鹿児島県医師会館有村敏明
(鹿児島市医師会病院副院長)
第48回2013年11月8日(金)・9日(土)連携-最適の医療を目指して-東京 ベルサール九段鈴木信哉
(自衛隊中央病院 臨床医学教育・研究部 部長)
第47回2012年11月16日(金)・17日(土)侵襲制御医学における高気圧酸素治療北海道大学 学術交流会館森本 裕二
(北海道大学大学院医学研究科麻酔・周術期医学分野 教授)
第46回2011年10月28日29日新たな適応と展開に向けて東京医科歯科大学M&Dタワー講堂柳下和慶
(東京医科歯科大学高気圧治療部)
第45回2010年11月26日27日高気圧環境医学を見直す-Human,Science & Art-岡山コンベンションセンター氏家良人
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 救急医学分野)
第44回2009年11月1日2日歴史に学ぶ高気圧酸素治療東京コンファレンスセンター品川徳永 昭
(日本医科大学武蔵小杉病院消化器病センター 教授)
第43回2008年10月31日(金)~11月1日(土)新たな地平線を見つめて旭川グランドホテル郷 一知
(旭川医科大学救急医学講座教授)

学術総会歴代会長一覧