高気圧酸素治療安全セミナー

目的

高気圧酸素治療の診療報酬改定等に伴い、今後国内にて発展的かつ積極的に高気圧酸素治療が実施されることが見込まれる。高気圧酸素治療では安全性の確保が最重要事項であり、高気圧酸素治療装置を管理や操作する者は、「安全を確保するための研修」の実施が義務付けられています。

今回、日本高気圧環境・潜水医学会と日本臨床高気圧酸素・潜水医学会では、共催にて「高気圧酸素治療安全セミナー」を開催することとし、本セミナーを「安全を確保するための研修」の一つとして位置付け、高気圧酸素治療実施の安全性確保に寄与することを目的に開催致します。なお受講者には、「安全を確保するための研修」の受講証明として、「高気圧酸素治療安全セミナー受講証」を発行致します。
「高気圧酸素治療安全セミナー受講証」は、「安全を確保するための研修」の受講証明です。学会の認定証ではなく、「安全を確保するための研修」を受講した証明、「自己の研修実績の証明」となります。

対象者

・高気圧酸素治療を管理、操作する医師、臨床工学技士、看護師、准看護師
・上記のなかで、特に高気圧酸素治療の「安全を確保するための研修」を要する者
・高気圧酸素治療に関連する業者、病院関連職種、医療従事者、高気圧酸素医学・潜水医学研究者など

開催要項

高気圧酸素治療安全セミナー開催要項

開催案内

現在、高気圧酸素治療安全セミナーの開催予定は決定しておりません。高気圧酸素治療安全セミナーの開催につきましては、決定次第、HPにて順次公開してまいります。
本学会では、毎年6月もしくは7月に「教育集会」を開催しております。「教育集会」は、高気圧酸素治療安全セミナー代わりとして受講が可能でございます。教育集会は会員の方、また会員以外の方もご参加いただけます。

受講証に関するお問い合わせ

こちらまでお願いいたします

事務局 jshbo0818@jshm.net